【2022年】玄関やリビングに飾ると金運を呼び込む虎の置物

 

【2022年】玄関やリビングに飾ると金運を呼び込む虎の置物

金運黄金大明神(寅の子)

 

2022年は金運に縁があると言われる寅年、今度こそ金運アップしたいと願っている方も多いのではないでしょうか。

 

長引く新型コロナウイルスの影響もあって、おウチで過ごす時間が増えた方も多いと思いますが…

 

家の中に金運を呼び込む一番簡単な方法は、金運の縁起物を飾ることです。

 

そこで今回は、2022年の干支で金運の守り神でもある「虎」の置物をご紹介します。

 

金運黄金大明神(寅の子)の詳細

 

それがこちらの金運黄金大明神(寅の子)です。

 

金運黄金大明神(寅の子)
【サイズ】高さ10×横8×奥行10cm 【重さ】215g

 

金運黄金大明神シリーズは、縁起物販売の水晶院から毎年出される大人気の干支の置物。

 

2022年用は子虎が前足でガッチリと小判を捉えて守る様子が表現されています。

 

ちなみに干支の置物を飾るのは「年神様をお迎えする」という風習として江戸時代から始まったと言われ…

 

現在でもその年一年間を通しての招福開運のラッキーアイテムとして親しまれています。

 

虎の金運縁起

金運黄金大明神(寅の子)

 

なお、虎が金運・財運を呼び込むとされている理由は以下の通りです。

 

・寅の子

 

「寅の子」という言葉には「大切にして手放さないもの」という意味があり、人間にとって大切なのは金品であることから「寅の子」=「現金・貯金・資産や宝物」を表します。

 

・寅の日

 

月に2〜3回訪れる「寅の日」は、お金にまつわるものを新調したり使い始めたり、宝くじを買うのにベストな日と言われています。

 

・金運の守り神「白虎」

 

風水では、四神のひとつである虎(白虎)は金運を司る西の方位を守る神とされています。

 

また、金運黄金大明神(寅の子)のは風水で「金が金を呼ぶ」とされる黄金色。

 

「富」「繁栄」「成功」といった意味を象徴するカラーだそうですよ☆

 

とてもかわいいサイズ感

 

干支の置物には重い・大きい・見た目が恐いといったイメージもありますが…

 

この置物は高さ10pと、手の平サイズのかわいい大きさです。

 

金運黄金大明神(寅の子)サイズ感

 

重さもわずか215gと軽く…

 

金運黄金大明神(寅の子)飾ったイメージ

 

ツキが入ってくると言われる玄関をはじめ、リビング・寝室・和室などどこに飾っても違和感なし!

 

また、小虎とあってどこか親しみのある顔つきなので、威圧感もありませんよ(^^)

 

熊本の金運神社で祈祷済み!

 

また、嬉しいことにこの置物は熊本県にある宝来宝来神社でご祈祷を受けています。

 

宝来宝来神社で祈祷の様子

 

宝来宝来神社は宝くじに御利益のある「当銭岩」を御神体とし…

 

宝来宝来神社の当銭岩

 

全国各地から宝くじの当選祈願に訪れる人が絶えない人気のスポットです。

 

直接祈願に行けない人でも、お家にいながら参拝同様のご利益が期待できますよ☆

 

 

干支の縁起物ご購入者の声

 

玄関に配置して以来、人生のパートナーが現れたり転職が上手くいったり、生活が平穏になり感謝してます。毎年、干支の置物を変えてます。我が家の守り神です。

 

届いたその日、下がっていた株が急に上がり出しました。その後も他の株が下がる中、私の所有する株は順調に上がり続けています。

 

干支の縁起物を置いただけでさっそく効果が現れたという方々の話を聞くと、ちょっとワクワクしますね!

 

 

まとめ

 

今はなかなか先が見通せない不安定な世の中ですが、金運アップしたいと思っているなら干支の縁起物を飾るのも悪くないかもしれません。

 

特に2022年は金運の守り神でもある寅年、虎の置物が家の中にあればきっと金運を呼び込んでくれることでしょう。

 

 

なお、この金運黄金大明神は毎年干支ごとに販売されているので、シリーズで買い揃えている人も多いみたいですよ。

 

あなたも2022年は寅の子の置物を飾って、金運アップを祈願してみませんか?

 

 

★★今なら秘密のプレゼント付き!★★

 

金運黄金大明神(寅の子)の購入ページはこちら

 

スポンサーリンク