トイレと玄関に富士山を!風水で気の流れを整えて運気アップ

トイレと玄関に富士山を!風水で気の流れを整えて運気アップ

玄関&トイレ風水二大富士

 

風水では、トイレと玄関が運気アップに重要な場所であることはご存知ですか?

 

玄関は「気」の出入りを司る場所とされており、良い気を取り込み、悪い気を入れない備えがとても大切です。

 

 

またトイレも「運」の流れる場所とされており、トイレは鬼門の位置にあたることが多いことから、気を整える必要があります。

 

そこで今回は、トイレと玄関に飾ると良いとされる富士山の風水アートをご紹介します。

 

 

玄関用の金運赤富士

 

まずこちらは、玄関用の「金運赤富士」です。

 

金運赤富士

 

1.右肩上がりの雲

 

富士の峰から右方向に登る金色の雲と白雲。雲(うん)は運に通じ、それぞれ金運と吉運が右肩上がりに上昇することを象徴しています。

 

 

2.八角形の額

 

八角形は邪気をはねよけ、四方八方に気の流れを放ち、金運を向上させます。

 

 

3.三合金局

 

風水で金運を司るとされる三方位にパワーストーンを配置し、気の調和を図りながら金運を上昇させます。(巳に赤瑪瑙、酉に水晶、丑に黄水晶)

 

 

 

昔から、朝日を浴びて真っ赤に染まった赤富士は滅多に見ることのできない絶景とされ、それを見たものは大きな金運を授かると言われています。

 

日本の太祖山でもある富士の絵を家に飾ることは、良気を導くのに最適です。

 

 

なお、この赤富士アートは左側の壁に飾ると金運アップ、右側の壁に飾ると仕事運アップの効果があるそうです。

 

 

トイレ用の財運富峰図

 

そしてトイレ用は、白富士が描かれた「財運富峰図」です。

 

財運富峰図

 

修験者にとっての聖地でもあり、霊峰と呼ばれ神格化された富士の神力には、間取りの関係で鬼門方位に配置されやすいトイレの鬼門を封じるパワーがあります。

 

運を落とす場所でもあるトイレにこの白富士アートを飾ることで、金運上昇の効果が期待できます。

 

 

なお、富士山と額の色が違うだけで、デザインは玄関用の赤富士と同じです。

 

 

寸法にもこだわりが!

 

また八角形の額は玄関用、トイレ用ともに風水の吉寸と言われる「18.3p」となっています。

 

風水吉寸

 

この寸法は「益利は少ない元手が大きく増える」という意味をもつ、大変おめでたい数字だそうです。

 

 

これら富士山の風水アートは最初から玄関用、トイレ用につくられているため、サイズがコンパクトで飾りやすいのも特徴です。

 

壁掛けはもちろん、額の裏にはスタンドがついているので、マンションの玄関やトイレにも安心して飾れますよ☆

 

玄関・トイレ風水

 

このように飾ると気の流れが良くなるのはもちろん、富士山があるだけで玄関やトイレが明るくなること間違いなしです!

 

 

まとめ

 

この風水アートを飾るのは玄関かトイレ、どちらか一方でも充分効果を発揮しますが、両方揃えばそのパワーは一段と高まります。

 

・玄関やトイレが殺風景だ…
・いまいち運の流れが良くない気がする…
・新年に合わせて風水アイテムを導入してみたい

 

と思っている方は、この縁起の良い右肩上がりの富士山の絵はピッタリかもしれません☆

 

あなたもこれからは風水を取り入れて玄関とトイレの気の流れを強化し、運気アップを狙いませんか?

 

 

>>玄関&トイレ風水二大富士の購入ページはこちら