寅とだるまが一体化した金運力抜群の干支の置物

 

寅とだるまが一体化した金運力抜群の干支の置物

金運万倍だるま(寅)

 

2022年は寅年ですが、毎年干支の置物を飾っている方も多いのではないでしょうか。

 

干支にちなんだ置物を飾るのは「年神様をお迎えする」という風習として江戸時代から始まったと言われ…

 

現在でもその年の招福開運のラッキーアイテムとして親しまれています。

 

そこで今回は、2022年の干支である「寅」と縁起物の代表格でもある「だるま」が一体になった金運置物をご紹介します。

 

金運万倍だるま(寅)の詳細

 

それがこちらの金運万倍だるま(寅)です。

 

金運万倍だるま(寅)
【サイズ】高さ7×横8×奥行8cm 【重さ】150g

 

このだるまは、2022年の干支である「寅」と一体になった珍しい干支の置物です。

 

「寅の日」に宝くじを買うと良いと言われる金運招福に活動的な寅と、忍耐強くどっしり構えただるまが合わさることでお互いを補完しあう、相性の良い縁起物でもあります。

 

金運万倍だるま(寅)の金運縁起

 

金運万倍だるま(寅)はただ一体化しただけでなく、そのデザインにも究極の金運縁起が込められています。

 

金運万倍だるま(寅)金運縁起

 

・金運の守り神

 

トラの一種である風水の神獣、白虎は西(金運の方角)の守り神です。

 

・高僧の座禅姿

 

だるまはインドから中国へ仏教を伝えた、徳の高い僧侶の座禅姿を模した縁起物です。

 

・黄色と黒のカラーリング

 

虎の縞模様である黄色は、風水では金運を招く色・黒は財を守る色とされています。

 

・寅の日

 

月に2〜3回訪れる「寅の日」は、宝くじを買ったり財布を使い始めるのに良いとされています。

 

・七転び八起き

 

転んでもすぐ起き上がるだるまは、古来最も人々に愛されてきた縁起物のひとつです。

 

主張しすぎないサイズ感

 

金運の置物は重い・大きい・目立つというイメージもありますが…

 

この置物のサイズは高さ7pと、手の平に乗るほど非常にコンパクトです。

 

金運万倍だるま(寅)飾ったイメージ

 

重さも150gと軽く、これならリビングや寝室・ツキが入ってくると言われる玄関など、どこにでもさりげなく飾れますね(^^)

 

有名な金運神社で祈祷済み!

宝来宝来神社

 

なお、この置物は熊本県にある宝来宝来神社でご祈祷を受けています。

 

宝来宝来神社は宝くじに御利益のある「当銭岩」を御神体とし…

 

当銭岩

 

全国各地から宝くじの当選祈願に訪れる人が絶えない人気のスポットです。

 

直接祈願に行けない人でも、お家にいながら参拝同様のご利益が期待できますよ☆

 

 

干支の縁起物ご購入者の声

 

玄関に配置して以来、人生のパートナーが現れたり転職が上手くいったり、生活が平穏になり感謝してます。毎年、干支の置物を変えてます。我が家の守り神です。

 

届いたその日、下がっていた株が急に上がり出しました。その後も他の株が下がる中、私の所有する株は順調に上がり続けています。

 

祈祷済みの商品を購入してすぐに幸運が訪れたという方々の話を聞くと、期待が膨らみますね!

 

 

まとめ

 

干支の置物は毎年なんとなく飾っていたという方も多いかもしれませんが、実は「年神様をお迎えする」という意味があったんですね。

 

そんな干支の置物と縁起物の代表格であるだるまが一体化したら、より一層の金運パワーを発揮すること間違いなしでしょう。

 

 

なお、このだるまは毎年干支ごとに販売されているので、シリーズで買い揃えていくのもいいかもしれませんね(^^)

 

あなたも2022年はこの金運万倍だるまを飾って、お家に金運を呼び込みませんか?

 

 

金運万倍だるま(寅)の購入ページはこちら

 

スポンサーリンク