身代わりのお守りに!神社を大地震から守った観音様で厄除け

 

 

身代わりのお守りに!神社を大地震から守った観音様で厄除け

身代わり観音ペンダント

 

あなたは自分の身に何か悪いことが起こったとき、身代わりになってくれるお守りがあったらいいと思いませんか?

 

2016年4月に、最大震度7を観測した熊本地震で甚大な被害が出たことは記憶に新しいですよね。

 

 

しかし国内有数のパワースポットである宝来宝来神社は、震源に近い熊本県南阿蘇にあるにもかかわらず、奇跡的に大きな被害がなかったそうです。

 

その奇跡を起こしたのは、宝来宝来神社に祀られていた「身代わり観音様」だと言われています。

 

 

そこで今回は、その身代わり観音様を模したペンダントをご紹介します。

 

 

宝来宝来神社と身代わり観音様について

 

宝来宝来神社は宝くじに御利益のある当銭岩を御神体とし、別名「当銭神社」とも呼ばれる日本有数のパワースポットです。

 

宝来宝来神社

 

 

そこに祀られている身代わり観音様は、元々は北海道の交通事故多発地帯にお祀りされており、観音様を祀ってからはピタリと事故が無くなったそうです。

 

身代わり観音様

 

 

その後、国道拡張工事に伴う撤去命令が出たのを機に、熊本の宝来宝来神社に祀られるようになりました。

 

そして熊本地震では神殿を守ったとして、話題になっています。

 

 

魔坂(まさか)のときに苦を肩代わりする観音様

 

冒頭でもお伝えした通り、身代わり観音様は絶大な守護厄除けパワーを発揮します。

 

そんな身代わり観音様のパワーを、より多くの皆様に届けたいとの思いから誕生したのが「身代わり観音ペンダント」です。

 

身代わり観音ペンダント

 

このペンダントは宝来宝来神社公認で、きちんと祈祷を受けています。

 

ペンダントとしてはもちろん、取り外してバッグの中に忍ばせたり、寝室などに置いて使うこともできますよ☆

 

身代わり観音ペンダント取り外し

 

毛利元就が厳島に陶晴賢を討った時に述べたとされる言葉「三つの坂」に、魔坂(まさか)というものがあります。

 

つまり不意に訪れるまさかの時も、この身代わり観音様を身に付けていれば安心です。

 

 

神仏を守った拝殿の木片も!

 

また「身代わり観音ペンダント」に付属するポーチの中には、最初の地震の後に身代わり観音様が一時避難していた「ぽっくり天狗様」の拝殿の柱をチップにした木片が入っています。

 

木片のお守り

 

この拝殿は、二度目の大きな地震の際に「身代わり観音様」と共に倒れることで神社と多くの神仏を守りました。

 

木片は日頃の厄除けとして持ち歩いたり、家の鬼門(北東)の方角にお祀りすることで「鬼門除け」の守護符として使うこともできます。

 

 

まとめ

 

【毛利元就の説いた三つの坂】

 

人間には三つの坂(上り坂、下り坂、魔坂)がある

 

 

身代わり観音様は、その「まさか」からあなたを守ってくれることでしょう。

 

あなたもこのペンダントで、絶大な守護厄除けパワーを持った身代わり観音様の加護を身に付けませんか?

 

 

 

>>宝来宝来身代わり観音様ペンダントの購入ページはこちら